MIYANAGA Akira News

【Visualization for Hakobune

IdleMoments

2012/7/16(mon,祝) open: 16:00 ticket: ADV/DOOR.2000/2500(+1d)

at Kyoto METRO http://www.metro.ne.jp/

ACT

Vladislav Delay (raster-norton)

Ametsub (nothings66 records / Progressive Form)

Submerse (Maltine Records / Med School / Apollo Records / Sony Music UK)

STEVEN PORTER (10 LABEL)

MADEGG (flau / Day Tripper Records / Bunkai-kei)

Metome (+MUS)

polar M (shrine.jp / Nomadic Kids Republic)

Hakobune (Tobira Records)

Route09

Eadonmm (Day Tripper Records)

doopiio

Selector

Yuki Aoe (-:concep:-)

VJ

kezzardrix

ogaooooo

宮永亮

Takuma Nakata (vvvv) × 千合洋輔

Tatsuya Fujimoto

Takayoshi Ikeguchi

Kishimoto Kazuhisa

Food

カレー屋台村 山ねこ

2012/3/20、+MUSやBunkai-Keiに所属するアーティストが数多く出演し、関西でも類を見ないラインナップと記録的な動員数が大きな話題を呼んだIdleMoments。前回に続き待望の第3回目開催。

 ゲストアクトとして、ドイツの名門電子音楽レーベルraster-notonより 独自のミニマル・ダブを追求し続けるフィンランド出身のアーティスト”Vladislav Delay”、新世代のエレクトロニカシーンを象徴するアーティストとして世界各地から注目を浴び、6月6日発売の待望の3rd Album「All is Silence」リリース後初の関西ライブとなる”Ametsub”、ジェイムス・ブレイクも所属する超老舗レーベルR & S RecordsのサブレーベルであるApollo RecordsやMaltine Records等からリリースしているイギリス出演の若手トラックメイカー/DJ、”Submerse”が貴重なライブセットを披露。

その他、flauからアルバム「Tempera」をリリースしたトラックメイカー”MADEGG”、+MUSに所属しREPUBLIC,チャネル,Dommuneにも出演を果たした”Metome”、これまで関西のインディペンデントレーベル10 LABELを主宰するダブテクノアーティスト”STEVEN PORTER”、エレクトリックギターを用いた繊細なサウンドスケープを展開する”polar M”、様々なジャンルの作家とのコラボレーション作品も含め、今年は10作品以上のリリースを控えているドローン作家”Hakobube”、Day Tripper Recordsから新作を発表したばかりの”Eadonmm”、立体音響システム「アクーモニウム」での演奏やソロ名義ではグリッジ〜ダブテクノ〜ノイズ等を演奏する”Route09″、ビートミュージック~Electronica周辺の音楽デュオ”doopiio”がライブアクトして出演。また:concep: を主催するサウンドクリエイター”Yuku Aoe”がセレクターとして出演。

映像陣はイベント立ち上げ当初からサウンド/ビジュアル面においてIMに欠かせない存在である”kezzardrix”、東京からTokyo Max User Groupや+MUS関連のイベントでお馴染みの”ogaooooo”、京都を拠点に活動しREPUBLICにも出演した宮永亮、現在はオランダを拠点に活動しインタラクティブな作品制作を行っている”Takuma Nakata”、クリエイター集団endleapssを主宰の”Tatsuya Fujimoto”、VJとして関西を拠点に活動している”Takayoshi Ikeguchi”、ギタリストとしてソロやユニット・オーガナイザー等マルチに活動する”Kishimoto Kazuhisa”が出演。

 今回はVladislav Delay,Submerseといった海外勢のアーティストを招待、そして何と言っても関西では貴重なAmetsubのライブセットが見所です。現在、エレクトロニカや電子音楽といったジャンルに関わらず、細分化/分断されていたシーンがメディアを通じて、または現場において繋がり、新たな潮流が生まれ始めているのを実感しています。IdleMomentsでは才能に溢れるアーティストを紹介するとともにそんな大きな動きの一旦を担えれば幸いです。

// <![CDATA[
(function(d){
if(typeof(window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_cc91cd4692d5e46f72b82a2c2920aba4)=='undefined'){
document.write("”);
}else{
window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_cc91cd4692d5e46f72b82a2c2920aba4.ONETAGButton_Load();}
})(document);
// ]]>

次へ 投稿

前へ 投稿

1 コメント

  1. Fidel Oddo 2017-06-13

    Thanks for another informative website. Where else could I get that type of information written in such a perfect way? I’ve a project that I’m just now working on, and I’ve been on the look out for such information.

返信する

© 2017 MIYANAGA Akira News

テーマの著者 Anders Norén