MIYANAGA Akira News

MOVING Live

MOVING 2012 Live performance program
それぞれのフィールドで無二の存在感を放つヴィジュアル/サウンド・アーティストたちが、分野を越えてコラボレーションする“MOVING Live”
“MOVING Live”は京都で開催される映像芸術祭“MOVING 2012”のオープニングを飾るライブパフォーマンス・プログラム。
当日は“ヴィジュアル×サウンド”をコンセプトとした全4アクトを行う。
東京で活動する映像作家土屋貴史と共演するのはシグナレス(ゆーきゃん+池永正二〔あらかじめ決められた恋人たちへ〕)。物語性を秘めた“映像的”な音楽を奏でるシグナレスと、モーション・グラフィックスを用い、無重力を感じさせる映像を描き出す土屋貴史の初コラボレートは必見。
今回待望の再共演を果たしたのは京都のエレクトロニカシーンを牽引するPsysExと、
主に美術分野において近年目覚しい活躍を見せる映像作家宮永亮。“無機的なポリリズム”と“有機的な映像”という正反対のイメージの重なりが新種のインスピレーションを呼ぶ。
“音楽と映像の関係性”を軸にして活動してきたユニットOtographは、視覚と聴覚を高い次元でシンクロさせたパフォーマンスを行う。
日本におけるノイズ・ミュージックの金字塔を打ち立て、国際的評価を得ているMerzbowと、d.v.dのメンバーとしても活躍する映像作家/アーティスト山口崇司はライブ初共演。ノイズの滝に打たれるような圧倒的な音楽体験に、アイデアとユーモアの効いた先鋭的な映像が交わり、
人跡未踏のビジョンをもたらす。
この日4つの新しい聴視覚体験を生み出すMETROは、世界で最もソリッドな場となるだろう。
2012.04.22(Sun) 18:30open 19:00start
料金:前売 / 2,500円(ドリンク代別途) 当日 / 2,800円(ドリンク代別途)
会場:METRO ※当日会場内は終日禁煙となります(喫煙エリア有)
〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル 京阪神宮丸太町駅2番出口恵比須ビルBF TEL/075-752-4765
主催:MOVING実行委員会 (水野勝規、林勇気、宮永亮)
共同企画:&ART (株式会社フィールド) 
後援:京都市
お問い合わせ: info@moving-kyoto.jp
ACCESS:※京阪電車「神宮丸太町駅」下車 2番出口直結 ※地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 1番出口より東に徒歩18分
ご予約はイベント名、氏名、電話番号、参加人数を記載のうえ
info@moving-kyoto.jp宛にメールをお送りください。
協賛:株式会社フィールド、株式会社資生堂
助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団

次へ 投稿

前へ 投稿

1 コメント

  1. Houston Abruzzino 2017-06-13

    great post.Never knew this, thanks for letting me know.

返信する

© 2017 MIYANAGA Akira News

テーマの著者 Anders Norén